新潟の、白龍大権現&Maxときで帰還~白龍ツアーにつなぐ

名残惜しく、白山神社を後にして、
ネット検索で、ゲットした、
白龍大権現!

白蛇さんが、二匹で、まきまきしており、
ハートもあって、和合歓喜を、表しているという~

中には、観音様と、龍の絵も
奉納してありました。
地元の皆さんに、愛されている、白龍さんでした。
白龍大権現

その、すぐ近くの、青海ショッピングセンター内、
鈴木鮮魚店の、イートインコーナーにて
日本海の幸、海鮮丼を、頂きました!

大根も~コシヒカリのご飯も~
有頭海老のおだしの、お味噌汁も~美味しかったです!

ネットで、ヒットしたブログの
ニックネーム「おとうさん」に、感謝~!
海鮮丼

信濃川に、大きな、龍雲~
喜び過ぎて、すごいです!
信濃川と龍3

海の方には、オーストラリアの伝統楽器ディジュリドゥ奏者の、
KNOBさんも、いらしていたとか…
なんか、海の方が、気になったんですよね。

連結された、Maxとき、9号車に、乗車!
とき連結

3羽の、知恵のトキ、トート、飛びます!
マックスとき

上野についたら、黄金のマカバ^^
融合に、成功したらしい!

何だか、エジプシャンマジックみたい~
上野のまかば

さて、鹿島の、北浦・赤龍、
赤い祠

江の島の、夫婦・黒龍
江の島の夫婦岩

箱根の、青龍・九頭龍
九頭竜水

新潟の黄龍と、続いてきました、
絆結びの、四大龍✡開眼ツアー!

ミラクルな事が、いろいろ、ありましたね~
美味しいものも、頂いて。
お水も、頂いたり。

たくさんの、学びと、豊かな気付きを、受け取れました。

ご参加の皆様!スタートは、これからですよ、
これから、受け取ったものを、熟成して、
多くの人と、場所と、分かち合ってください!
黄龍さん

古き良きものに、学びながら、大切にしながら、
新しい時代へ、スピーディーに、スムーズに
進んでいくのは、私達です!

白山も、1300年の時を、
満を持して、待っていてくれたのかもしれません。

さらに、進化していきましょう。

22日(月)は、ひゃっきーの、白龍号にて、
「伊豆下田・レムリア開き、ドラゴンハートツアー」です!
満員御礼、ありがとうございます!
いちらくまんかい
~東京田無神社より。
スポンサーサイト

新潟白山神社~黄龍&松尾&蛇松~2

さらに、3つの鳥居を、くぐると
いらっしゃいました!黄龍神社と、松尾神社。
仲良く、並んでおります。
黄龍神社と松尾さん

看板も、新しくなってる。
「黄龍八一分身金鵄供養宝船大権現」
に加えて
「白山権現龍鳳富士瑞宝大権現」
も、追加されてた!

ちょっと小耳に、はさんだ情報によると、
白山神界も、瀬織津姫や、アマテルと同じく、
かなり、抹殺迫害、真実を消されているようでして

こっそり、ここに、供養として、祀られているのかなと。
他の、白山系には、見られない神名です。

表面は、恭順したように見せて、
実は残してある、という、
優しさと、強さが、ありました。

地下をくぐって、さらに、裏道を通るなんて、
あまり、知られていませんもんね、
しかし、本殿の、すぐ横なんです。

野鳥も、たくさん、来ているし、緑も爽やか、
お昼時には、地元の方々が、熱心にお参りされてましたよ。
黄龍看板

祝福~~☆
紫のシャワー

ムーの蘇り、の、越智啓子先生直伝、
すべてはうまくいっている、カニ踊りを伝授~~vv

楽しく、やって頂きました!
黄色は、ハッピーの色、きっと喜んでくださったでしょう!
すべてはうまくいっている

龍神カードと、日本の神託カードを引いてみると、
銀龍と、クナト~地蔵尊、が出ました。

ニュージーランドのワイタハ族の守護龍神という、
銀龍。ここは、世界とも、つながっているようです!

そして、優しい、太古の男神の化身、
港の守りの、クナト・地蔵尊。

新潟の港は、かつて、北前船の、帆船が行き来し、
大陸との、入口だったり、

佐渡の、金銀山から、産出したものを、運び入れたり、
米どころでもあるし、相当、栄えていたのではないでしょうか!
銀とくなと

優しく、ほんわかした、場所の雰囲気に
皆さん、なかなか、去りがたく…
お礼をいって、帰りました。

きっと「また、このように、上下なく、チームワークの、「ムー」のパワーで、
仲良く、手を取り合って、力を合わせて、
相互に、繁栄していた事を、思い出して、復活させてね」

と、それぞれ、託されたのではないでしょうか?
ある方は、家族や、ご先祖様のルーツや、宇宙と。
ある方は、近所の、お仲間の皆さんや、世界と。
蛇末

私は、どうやら…人間関係の学びは、ほぼ終わり~
自然界や、高次元と、つながりだした~

蛇松神社前の、松さんと、仲良くなりました。
蛇末さんと

松さん、きれいなカラフルなオーブまで、
出してくれました。

黄龍と、蛇松で、「龍蛇族」も、復活です!
松さん3

白藤蓮

蓮池の、ほとりの、白藤も、
がんばったね~と、
甘い香りを、風にのせて、漂わせていました。

つづく

4、絆結びの、四大龍✡開眼ツアー新潟白山神社~黄龍~1

「絆結びの、四大龍✡開眼ツアー」
第4回、ラストは、新潟白山神社、黄龍です。

東京駅の、新幹線改札を入ると、八芒星が床に。
東京駅8

すでに、白山さん、来てる。同じマーク。
白山大神

白山さんは、石川県、福井県、岐阜県にも
メインな神社が、ありますが、
だいたい、六角形の、亀甲紋。

新潟白山神社には、六角形は、見えなかった。
八芒星と、牛王法印がある、新潟が、本家なのかも?

東京駅で待ち合わせ、大宮から合流し、
あっという間に、新潟駅。

在来線で一つ先、白山駅までいく、越後線の、
ドアは、なんと「手動!」~手で開ける。

ボタン押すのは、あるけど~雪国だからかな?
閉まる時は、自動。ふしぎだ…

神社までいく途中で、ウェディングドレスが飾ってある。
さすが、御縁くくりの、くくりひめ。すてきな、和洋折衷。
帰ってきたら、眞子さまの、婚約発表がありましたね。
鶴のドレス

今年は、特別、白山開山1300年。
記念の、牛王法印入りの、お札や、ご朱印が頂けます。
牛族の、牛王法印マニアとしては、見逃せません!
ごおう

本殿に、ごあいさつ。紫の、高貴さと、慈愛の女神です。
本殿

象徴アニマルは、獅子。
ライオンは、アジアにはいません。ということは?

そのルーツは、エジプトや、アフリカ、アラビア地方からの、
遊牧渡来系と、思われます。
ドイツや、アルプス越えしたかもしれません。

酒造、醸造の知恵がある、松尾さんと、同族のようで、
だいたい、セットで祀られていて、
亀甲紋をしており、

乳酸菌や、チーズ、ヨーグルト、乳保存食や、
高句麗姫=キムチ、とも、縁がありそうな、くくりひめ。

蓮と、唐草。
エジプトのロータスと、オリエントの唐草、が、仏教国を通ってきた、とも、
蓮の東洋と、アイヌ刺繍のような草の文様=国津神+縄文神、ムーとレムリア。
蓮と唐草

ピンクの和紙のご朱印は、春仕様。
季節で、色が変わるようです。

1300年限定お札、お守りもありました。
ラブリーなんです~
ご朱印白山

さらに~今年設置された、という、
白山本山から運んだ、奥宮とつながるという、くくり石も
触れさせていただきました~!奥宮に、行けた気分です。
くくり石

そして、黄龍神社にいきます。
地下道を通って、まさに「くぐって」いきます。
黄龍いりぐち

ぺがさすくも

空には、ペガサスのような、雲。
爽やかな風、空気がおいしいと、みなさん。

つづく

箱根・青龍ツアー~2

元箱根港から、船で、箱根園へ。

パン屋の、イートインで
水族館の人気者の、バイカルアザラシと、温泉。
三島コロッケ。などを頂きました。
あざらしパン

そこで、波動を高める、食のお話などを。
血統にも、エジプトや、アラビア~ユーラシア大陸由来が
あるんじゃないか、ということで

ざくろ、デーツ、いちじく、干しブドウ、ナッツなども、
合っている、というお話をしたら、
家族が、ざくろジュースが、大好きという、お話が出たり。

日本人だから、和食や、野菜じゃないといけない!という
概念は、いったん、はずしましょう。

砂漠地帯では、栄養が、ぎゅっとつまっているものが多いんです。

特に、今の若者、お子様世代は、DNAが進化していて、
もう、かつてのように、お腹いっぱい食べなくても、
効率いいように、できています。

しかし、栄養不足、偏り、にならないよう、
このような、少量でも栄養のあるものを、おすすめしますね。

白砂糖や、塩分の多い、加工食品や、甘いおやつより、
自然な甘みの方がいいでしょう。

いざ、箱根元宮の、駒ケ岳へ
ロープウェイで。
駒ケ岳ろーぷうぇい

磐座に、ごあいさつ~
いわくらちゃn

馬降石にも、ごあいさつ~
馬降石

しかし…本殿は、閉まっており。
左手の、古代祭祀場ときたら…

恐山のように、石が積んであったりして、
全く、神聖な氣が、見受けられない!!

以前の様子。神秘的で、ようございました。
こだいさいしじょう

写真に、撮る気も起らず…
前の、神山に、訴えてみる。

駒ケ岳と、神山は、対になっているようで、
神山には、かつて、登山で、行けるように、
つながっていましたが
今は、笹が生い茂り、行けない感じです。

神山には、入れないように、ストップかかっているようですね。
神山

水無瀬さんが、真琴を、かついできてくださって、
岩の間を、弾いて回ってくれました。

どうやら、この方は、
「波動の下がった所を、上げる」とか、
「忘れられた所を、復活再生させる」のが、
お役目のようです。
水無瀬さん真琴

私も、微力ながら、
熊野の、巫女鈴や、音叉を持参して、
小西さんは、この前、江の島の時に購入した
ティンシャを、鳴らしてくださいました。

私達は、自由に、楽しくやって、
ゆるめるような、タイプです。

神話でだって、
神々の笑いと、ウズメさんのセクシーダンスで、
岩戸が開いたじゃないですかー^^

あれは、「本質の光が開くには、こうするんだよ」という事ですよ~。
セクシーダンスは、できませんが~ーー;
「素」にかえって、自由に表現、ってことで。
巫女鈴

元々、ここでは、楽しく、神事をやっていたんだよ。」
というメッセージも、受け取られました。
厳しい修行、とか、型にはまった、やり方、ではなく、
神も、人も、一緒に、楽しんでいたという。

アマテル太陽さん、笑ってくれましたかね~
明るく、クリアに、なりましたか?
太陽と箱根の山

龍神カードを、ひいて頂いたら。

次の、新潟白山神社の、黄龍ツアーにも
参加してくださる方は、
早速、黄龍が、呼んでいて

水龍は、感情面を、
じっくり見る時期、であり

私は、飛龍、
「龍は、ぶっ飛び過ぎるな」
という、戒めも、あるものの、

私の場合は、血統は、牛族なので、
龍族が、セルフ制御でき、
本来の役割に、現実的に、取り組めるよう、
お手伝い、するように、

あちこちに、「むしろ飛べ」と、言われているようです。

ニュージーランドの、ワイタハ族の、長老は、
龍のケアテイカ―として、
日本人が、忘れてしまったような、
龍の聖地を、回ってくださってますが

私の場合は、各地域にいって、
人の中の、内なる龍の、ケアテイカ―」
をするように、促されているようです。

箱根神社の、平和の鳥居でも、
アイヌ文様の、Tシャツを着ている人がいました。

これはまた…次の、進路への
ヒントが、出た感じです。
青龍ツアー

小田原駅に、帰り、
ハートのかまぼこや、九頭龍もち、
虎朱印の、最中などを、おみやげにして
箱根を、後にしました。

ごほうびを、受け取りつつ、
すぐ切り替えて、

*16日(火)の、
新潟の、黄龍ツアー」に向かいます。

*22日は、伊豆下田の、白龍ツアーが、控えています。
最後まで、走り抜けます。

*水無瀬さんサロンでの、イベント「楽園市」にも、
出展させていただきます。

5月26~27日開催、埼玉の、与野駅の近く。

出展者が、日替わりで変わります。
私は、27日です。
ぜひ、お越しくださいませ~。
おやつ

【第3回】絆結びの、四大龍開眼ツアー~箱根・青龍~1

「絆結びの、四大龍✡開眼ツアー」
第3回は、箱根・青龍です
青龍さん

龍神カード、九頭龍には、十字架。
青龍には、鍵。
姫龍には、北条氏の、ミツウロコのような、ピアス。

これは、何かある。

早速、小田原駅で。
「アークロード」 東西自由連絡通路
麻の葉模様の六芒星や、ウロコ、クロス。

寄木細工には、様々な、幾何学模様が、隠れています。
アークロード

箱根旅助け」という、フリーパスは便利。
二日間有効で、バス、船、ロープウェーなどの交通網が
ほとんど、フリーになります。

現代の、通行手形。
伊豆箱根バスの事務所で、売ってます。
箱根旅助け

バスにのって、箱根駅伝と同じルートをたどる。

箱根神社。龍のお出迎え。
箱根神社の龍

九頭龍神社は、新しく、木の屋根ができ、
お水もらう所は、下にさがっていた。
九頭竜水

安産杉。大地の母のような、力強さ。
頼朝、政子の夫婦も、ここで祈願したという。
安産杉の下

安産杉

安産杉の奥に、亀のような石。可愛いのです。
亀のような石
カメノお顔

獅子もいた。
獅子ボール

湖底から、引き上げられた、古木「けけら木」。
龍の顔、ドラゴンのハートに見えます。

これも、場所が移動していて、食事処が、できていました。
海外からの、参拝客も、多い。
時代の、流れかなぁ~
けけら木

芦ノ湖に隣接する、平和の鳥居。
ここから、龍が出入りするといいます。
平和の鳥居1

九頭龍さんには、十字架、
青龍さんには、鍵

九頭龍さん=十字架、は、
日本に渡ってきた、隠れキリシタンや、
山伏、忍者のような人たちが
山中に、それぞれ住み

水や、温泉を見つけて、暮らし、
道案内や、駕籠かき、旅籠などをして、
生計を立てていたのではと。~みんな、龍、がつくね。

龍の顔も、白人顔で、ひげがある。
十国峠、など、「十」という地名も、見えました。

中央政府の、言う事を聞かなかったのか、
税金、納めないとか、
立ち退きに、応じず、抵抗したのか、

それらの一族を一掃した=「九頭龍=毒龍を退治した」
という話になって、残っているのかも~と。

権威や、差別を嫌う、これらの民族は、
秀吉の、「一夜城」の時も、
身分を問わなかった、秀吉に、加勢したんじゃないですか?
石積みとか、得意だし。

龍、という存在は、
それらの、渡来民族の、トーテムアニマルや象徴を、
合わせた姿だ、という説もあります。

虎、馬、牛、鹿、魚、ラクダ、などの
あらゆる動物や、シンボルが、確かにありますね。
龍国日本」、より

まずは、自分の家族や、ご先祖で
清算になっていない所を、見直して

クライアントさんや、お友達に対しても、
そのような、血統パターンを、繰り返しているようだったら、
伝えていく

*良い部分=愛、平等、優しさの精神、
麻水塩の知恵、敬虔な祈り、
強い正義感、勇気、団結力、
信じたものには、純粋で、まっすぐ

*手放す部分=仲間、家族、血族を重んじすぎる、
違う意見に、耳を貸さない、
社会に根付かず、人間不信
感情的で、暴走する、傷つきやすい
可視化、数値化、言語化が苦手
自暴自棄、劣等感、罪悪感、自虐が強い

「双龍」というのも、ポイントで、
江の島の、黒龍も、龍のすみかの穴は、二つあり、

箱根も、駒ケ岳と、神山、がツインに並んでいたり、
二子山、も、あります。

男女や、陰陽が、和合、協力することや、
できること、できないことは、おたがいさま、で

一人で、なんでもやらずに、
・得意な人に、頼む
・注意してくれる人、止めてくれる人も、時には大切


ということも、必要なのではないでしょうか。

単なる、仲良しではなく、
二人でやると、さらに、いい結果が生まれる関係を、
ツインソウル、や、双子の魂といいますが

姫龍のカードも「信頼できる人との出会い」です。

先祖代々の、根深い、人間不信、人間嫌い、を
手放すのには、これが一番ですよね。

早く、そのよう人と、出会いたいなら、
自分の、残っている課題を、片づける方が、先決です。

つづく