catalog image

茨城ツアー3、御岩神社・薩都神社

山道、奥宮へは、15時までで、終わりだったけれど途中の所まで、行きたくなったので、1人で、行きました薩都神社。ありました。小さいけど、パワフルです。おしどり夫婦のような、彫刻です。波の彫刻が、あるところは、だいたい、波を越えてきた、渡来系海洋民族です。右横に、二本の杉が、立っており、ここが、ポータル=次元の狭間、入口、だと思いました。木の、間に立って、上を見上げます。「父母、先祖の、恩恵に、感謝い...

catalog image

茨城ツアー2、御岩神社参拝

ウワサの、御岩神社、初参拝です。朝ドラ・ひよっこのスタンプも、押しました。入口手前に、弁天様と、大山の阿夫利社が。愛宕神社もあり、古墳のような、小山も。ハートの石も。太陽と、月を、祀っているようで。国常立命がメインで、188柱も。門の、太陽と月の絵。大きなご神木は、「3本杉」=3、です。ちなみに~これは、小学生の時、つくば?かな?の、宇宙博で、ロケットと共に。3本です。シンクロ。父と、母と、私。の...

catalog image

茨城ツアー1~父方の先祖供養

6月24日新月、茨城日立に、伯父の法事で、親族が、集まりました。生前の、優しい伯父に、感謝です。父の兄弟は多く、うちは7人中、4番目、それぞれの家では、金属加工業か、サービス業で、海洋民族の、海部一族、と言えます。日立の駅も、きれいに変わり、海沿いに、道路もできて、シーバード、という、カフェが人気でした。一通り、法事が終わると、母に、「御岩神社、というのがあって、最近、みんな、そこに行くんだよ」と...

catalog image

【森で出会う百薬の世界】チベット医・小川さんのお話

八王子の、カフェにて、日本で唯一の、チベット医・薬剤師の、小川康さんの、お話が、ありました。「東洋と西洋の医学を薬学で結ぶ、情熱の薬剤師。 富山県出身。1970年生まれ。「森のくすり塾」主宰。」10年、チベットで学んで、合格し、晴れてチベット医(アムチ)となる。現在は、長野県の、上田にお住まい。今日の会場は、「となりわ」という、ちょっと奥まった、古民家カフェ。お庭に、大きな木がありました。藍染Tシャツ...

catalog image

【根津~浅草】ディープな東京で、ギフトをもらう。

根津神社の、有名なつつじ。満開までは、ちょっと早かったものの色鮮やかでした。木花咲耶姫の花は、「桜」のほかに「つつじ」も、あります。一輪だけが、目立つことなく、花のサイズが、みんな、同じ大きさなので、「群生の美」や、「平等」を、表します。ちなみに、茅ケ崎市の花も、つつじです。本殿にあった、神社の紋は、卍。神社なのに?お寺の、まんじ。これは、何かある?高野槇や、ヒマラヤスギの大木も、あった。やっぱり...