2、家族一族の、清算について

家族や、一族の、清算についての、解説です。
ここも、非常に、大切なテーマです。

自分で、意識できる範囲で、親族全体を見たり、
祖父母や、先祖が、どこで、何をしていたか、とか

戦死したり、不慮の事故など、思い残しがないかどうか
お墓参りや、供養したり、することは、できますよね。

もっと深く突っ込むと、個人的な血筋だけでなく、
関わったルーツに、何か、因果関係があるのでは、と
広い意味で、名字などから、ひもとくことも、あります。

家紋から、わかることもあります。

私の、「菊地」も、
藤原北家・房前から、藤原秀郷(俵藤太)や、
蒙古襲来を防いだ、九州阿蘇の武家・菊池氏は、白龍に縁があったり、
東北へ移って、菊地、になったとか、

いろいろひもとくと、一族の傾向がわかって、面白いです。

生まれ育った、茅ヶ崎の、歴史や文化を学ぶ、
「ちがさき丸ごと故郷発見博物館」
友の会に、入っているのですが

今日は、ミニ講座で、加藤会長による、
「えな塚」のお話が、ありました。
加藤会長

えな、というのは、赤ちゃんが包まれている、
胎盤のことで

かつては、それを、大切に埋めて、
その子の守りや、祈願とした信仰があったそうです。
えな塚の、信仰

源頼朝の、愛妾に、
「丹後局」という方がおり、

頼朝の、乳母をつとめた、
比企氏の尼の、娘だったといいます。

比企、という地方は、埼玉にあり、
元は、埼玉からきた、一族だったようです。
丹後局系図

乳母の家系に、選ばれるくらいですから、
きっと、優しい、女性性、母性を、もっていたのではと思われ
歌を詠むのも上手な、才色兼備な、女性だったようです。

それで、ハッキリとは残っていませんが、
頼朝との間に、子どもが生まれ、ひいては、その子が
鹿児島の、薩摩の、「島津氏」の祖になったのではという
伝説があります。

頼朝の墓にも、鹿児島の方々からの
石碑が、建っていました。
えな塚のキーワード

正妻の、政子の、嫉妬が、すさまじく、
命を奪われそうになったので、隠れていたようです。

伊豆山神社に、行ったばかりで、なんですが…
政子さん、愛が強すぎるよ…

国を治めるような、大きな仕事をする、男性には
大奥や、ハーレムのような、大勢の女性のエネルギーが
必要なんですってば…
政子の嫉妬

丹後の局

愛甲氏まで、飛び火して~
厚木の、小野神社あたりに、かくまったとか。

この、小野神社、小町神社、
とても、すてきな場所でした。姫っぽくて。
そんな秘話が、あったとは~
愛甲氏

さらに、岐阜の恵那山まで、お話が広がり~
ここは、かなり、コアな場所ですので~
虹の龍会議の、岐阜の時に、お話したいと思います。
恵那山

というわけで。

鹿児島や、島津氏に
関係ある方、
今、周りに、二名ほど、いらっしゃいますので、

何かの、ご参考にしてくださいね~

つづく。
スポンサーサイト

comment

Secret