箱根・青龍ツアー~2

元箱根港から、船で、箱根園へ。

パン屋の、イートインで
水族館の人気者の、バイカルアザラシと、温泉。
三島コロッケ。などを頂きました。
あざらしパン

そこで、波動を高める、食のお話などを。
血統にも、エジプトや、アラビア~ユーラシア大陸由来が
あるんじゃないか、ということで

ざくろ、デーツ、いちじく、干しブドウ、ナッツなども、
合っている、というお話をしたら、
家族が、ざくろジュースが、大好きという、お話が出たり。

日本人だから、和食や、野菜じゃないといけない!という
概念は、いったん、はずしましょう。

砂漠地帯では、栄養が、ぎゅっとつまっているものが多いんです。

特に、今の若者、お子様世代は、DNAが進化していて、
もう、かつてのように、お腹いっぱい食べなくても、
効率いいように、できています。

しかし、栄養不足、偏り、にならないよう、
このような、少量でも栄養のあるものを、おすすめしますね。

白砂糖や、塩分の多い、加工食品や、甘いおやつより、
自然な甘みの方がいいでしょう。

いざ、箱根元宮の、駒ケ岳へ
ロープウェイで。
駒ケ岳ろーぷうぇい

磐座に、ごあいさつ~
いわくらちゃn

馬降石にも、ごあいさつ~
馬降石

しかし…本殿は、閉まっており。
左手の、古代祭祀場ときたら…

恐山のように、石が積んであったりして、
全く、神聖な氣が、見受けられない!!

以前の様子。神秘的で、ようございました。
こだいさいしじょう

写真に、撮る気も起らず…
前の、神山に、訴えてみる。

駒ケ岳と、神山は、対になっているようで、
神山には、かつて、登山で、行けるように、
つながっていましたが
今は、笹が生い茂り、行けない感じです。

神山には、入れないように、ストップかかっているようですね。
神山

水無瀬さんが、真琴を、かついできてくださって、
岩の間を、弾いて回ってくれました。

どうやら、この方は、
「波動の下がった所を、上げる」とか、
「忘れられた所を、復活再生させる」のが、
お役目のようです。
水無瀬さん真琴

私も、微力ながら、
熊野の、巫女鈴や、音叉を持参して、
小西さんは、この前、江の島の時に購入した
ティンシャを、鳴らしてくださいました。

私達は、自由に、楽しくやって、
ゆるめるような、タイプです。

神話でだって、
神々の笑いと、ウズメさんのセクシーダンスで、
岩戸が開いたじゃないですかー^^

あれは、「本質の光が開くには、こうするんだよ」という事ですよ~。
セクシーダンスは、できませんが~ーー;
「素」にかえって、自由に表現、ってことで。
巫女鈴

元々、ここでは、楽しく、神事をやっていたんだよ。」
というメッセージも、受け取られました。
厳しい修行、とか、型にはまった、やり方、ではなく、
神も、人も、一緒に、楽しんでいたという。

アマテル太陽さん、笑ってくれましたかね~
明るく、クリアに、なりましたか?
太陽と箱根の山

龍神カードを、ひいて頂いたら。

次の、新潟白山神社の、黄龍ツアーにも
参加してくださる方は、
早速、黄龍が、呼んでいて

水龍は、感情面を、
じっくり見る時期、であり

私は、飛龍、
「龍は、ぶっ飛び過ぎるな」
という、戒めも、あるものの、

私の場合は、血統は、牛族なので、
龍族が、セルフ制御でき、
本来の役割に、現実的に、取り組めるよう、
お手伝い、するように、

あちこちに、「むしろ飛べ」と、言われているようです。

ニュージーランドの、ワイタハ族の、長老は、
龍のケアテイカ―として、
日本人が、忘れてしまったような、
龍の聖地を、回ってくださってますが

私の場合は、各地域にいって、
人の中の、内なる龍の、ケアテイカ―」
をするように、促されているようです。

箱根神社の、平和の鳥居でも、
アイヌ文様の、Tシャツを着ている人がいました。

これはまた…次の、進路への
ヒントが、出た感じです。
青龍ツアー

小田原駅に、帰り、
ハートのかまぼこや、九頭龍もち、
虎朱印の、最中などを、おみやげにして
箱根を、後にしました。

ごほうびを、受け取りつつ、
すぐ切り替えて、

*16日(火)の、
新潟の、黄龍ツアー」に向かいます。

*22日は、伊豆下田の、白龍ツアーが、控えています。
最後まで、走り抜けます。

*水無瀬さんサロンでの、イベント「楽園市」にも、
出展させていただきます。

5月26~27日開催、埼玉の、与野駅の近く。

出展者が、日替わりで変わります。
私は、27日です。
ぜひ、お越しくださいませ~。
おやつ
スポンサーサイト

comment

Secret