茨城ツアー1~父方の先祖供養

6月24日新月、茨城日立に、
伯父の法事で、親族が、集まりました。

生前の、優しい伯父に、感謝です。
あらはばきくなと

父の兄弟は多く、うちは7人中、4番目、
それぞれの家では、金属加工業か、サービス業で、
海洋民族の、海部一族、と言えます。

日立の駅も、きれいに変わり、
海沿いに、道路もできて、
シーバード、という、カフェが人気でした。
海沿いの道
日立駅

一通り、法事が終わると、
母に、「御岩神社、というのがあって、
最近、みんな、そこに行くんだよ」
と話したら、

急に、行くと言い出した~!!
駅から、通常バスで、30分。

その手前に、祖父の代から、働いて、
伯父伯母、父が、生まれ育った
日立鉱山の、本山、を通ります。

銅が、主に、とれたみたいですが、
閉山しています。

祖父は、元々、山形出身の大工で、
鉱山の穴を、崩れないように支える、
木の枠を作る、職人集団の、
リーダーを、していたそうです。

水が出たり、ガスが出たり、岩盤が崩れたりしたら、
命に関わります。

鉱脈や、木の植物にも、詳しかったと思うし、
まとめるリーダーシップも、あったと思います。

お風呂場や、厚生施設、劇場もあって、
給料日になると、出店が並び、賑わって、

父や、伯父は、おこづかいを握りしめ、
みそまんじゅうを、買いに行くのが
楽しみだったそうです。

ただ、山の中の道は暗く、
祖父に、お酒を買ってこいと言われて
真っ暗な道を、一人で買いに行かされたこともあったらしいです。

そんな、昔の話は、親戚がいるうちじゃないと
聞けませんね。

それで、神奈川に、工場が出来て、
父は1人、こちらに、集団就職で、来たそうで
お兄さんたちは、ちょっと心配していたみたいです。

その後も、何かと、気にかけてくれました。
感謝です。

朝ドラの、茨城から都会に出てきて働く、
「ひよっこ」と、同じです。

主題歌は、茅ヶ崎出身の、サザンの桑田さんなので、
何か、つながってますね。

御岩神社は、その先の
トンネルを、くぐった所でした。

一度も、聞いたことは、なかったですね~
お宮参りとか、行ってたんでしょうか。

宇宙から、青い光が降りているのが見えたという
話題のスポットで

観光バスやら、マイカーで、
たくさんの人が、来ていました。

「喪服なのに、いいのか~!」と思いつつ、
なかなか、こちらまで来られないのと

父の故郷に、来られるということで
やってきました。

本山の、入口に、
「一本杉」が、あります。
ここは、おぼろげながら、覚えています。

この、杉の数も、キーワードです。
まずは、1です。

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RYOKOのプロフィール

RYOKO

Author:RYOKO
旅のお話会、スクール、物販などを通して、
楽しく、深い、気づきを、分かちあい、
ともに歩んで、成長していきましょう

HP
https://satokame.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム